« シリーズをまとめて読みたい | メイン | ホールケーキをつくりたい! »

2012年MARC作成件数

AV(録音・映像資料)岩瀬です。
2012年のAVを数字で振り返ります。

AV MARC作成件数の合計は、9495件。
その内訳は、CD:6134件、カセット:0件、ビデオ:0件、DVD:3361件。
とうとう、カセットテープ、ビデオテープのMARC作成件数はそれぞれ0件となりました。

録音資料は、図書館で購入されたものに対してMARCを作っています。ということは、カセットテープの図書館での需要が減ったことの表われでしょうか。
映像資料は、映像ソフトの各メーカーからご提供いただいた見本によってMARCを作っています。ですから、ビデオテープが0件ということは、ビデオテープの製造中止の状況が進んだことを表わします。データ事業部AVでは、念のため、ビデオデッキも保管していますが、ここ数年は、ほとんど活躍の機会がありませんでした。

映画館では、新作映画の3D上映が流行り、フィルム上映も少なくなりました。
どんどんデジタル化が進むなか、これからの図書館のAV資料もどうなっていくのかな、と思わされます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1734

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク