« 分類について その2(ダイジェスト第17回) | メイン | きょうのデータ部☆(4/10) »

標本の世界へようこそ

本日は「週刊新刊全点案内」1811号の発行日です。
掲載件数は1635件でした。


「表紙のきょ、巨大ネズミ?と目があってしまった!」と目録作業中の私をドキドキさせてくれたこちらの一冊。

標本の本

村松美賀子(企画・構成・文)伊藤存(構成・絵と文)
青幻舎(2013.3)

標本といえば「学校の理科室にあったな、でも実はちゃんと見たことないな。」という程度の認識の私。
が、ページをめくるほどに、標本ワールドも面白そうという気持ちに。
いわゆる学問的なテキストや、雑学的なおもしろ生物紹介の本とも少し違う切り口で、京都大学総合博物館のコレクションのうち自然史に関わる部分が紹介されています。

しかし、
「この標本群の目録が見てみたい。どう整理しているのかしら。」
「このラベルの"Date大正?年12月"ってどういうことですか!困るわー。それとも生物学的には年より採取のシーズンが大事ということなの?」
などと思ってしまうのは完全に目録づくりの職業病です・・・。

それにしても1811号にはなかなかに表紙にインパクトのある生きものの本が揃っておりました。
こんなものや
カエル 嫌われ者たちのララバイ

松橋利光(写真・文)
グラフィック社(2013.4)


こんなものも
ふしぎな深海魚図鑑 太平洋をわたってみよう

北村雄一(絵と文)
汐文社(2013.4)

ふしぎな深海魚図鑑 世界でいちばん深い海
北村雄一(絵と文)
汐文社(2013.4)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1772

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク