« 梅雨明けは・相関索引 ~分類/件名のおはなし・42~ | メイン | もう女の子と間違えられない »

Bachは、やはり大海だった~バッハ・イヤーの思い出~

こんにちは。AV(録音・映像資料)の岩瀬です。
今日は、私がAVに異動して間もない頃の思い出話を。

それは、バッハ・イヤー(J.S.バッハ:1685~1750の没後250年)を翌年に控えた1999年の秋のこと。まだ来年の話なのに、すでにこの頃からバッハ関連のCDがわんさか入荷していました。
音楽に疎い私でも、さすがにバッハの名前と顔と有名な作品をほんのいくつか...といった程度には知っていましたが、これほどまでに作品数が多く、また、後世のアーティストたちに多大な影響を与え、今なお愛され続けているとは。
とにかく、来る日も来る日も、バッハ、Bach、ばっはぁ...。

何しろ大変だったのは、内容タイトルの入力。今でこそ、入力システムの改善などにより負担が激減したものの、当時は1曲1曲、まったくの白紙の状態から入力しなければなりませんでした。内容タイトルは、CDの解説書の曲目一覧から採用することがほとんどですが、バッハの場合、1曲のタイトルが長い! たとえば、

フラウト・トラヴェルソとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ロ短調BWV1030
(MARC No.99911040「フラウト・トラヴェルソのためのソナタとパルティータ全集」の1曲目)
だとか、
カンタータ第109番《われは信ず、愛する神よ、不信仰なるわれを助けたまえ》BWV109
(MARC No.99911839「カンタータ全集」第8巻の10曲目)
などなど。
もちろん、短いタイトルだって多いのですが、「フラウト・トラヴェルソ」って何? とか、曲の後ろにいつも付く「BWV」って何だ? とか、クラシック初心者には見慣れない言葉ばかり。さらに、内容タイトル標目、つまりヨミも入力しなければならず...。ふぅ~。

ちょうど"ミレニアム"も目前、コンピュータ関連の2000年問題も騒がれ、何となくお祭り気分(?)の中でのバッハ。
かのベートーヴェンが、「バッハは小川(Bach)ではない、海(Meer)である」(もしくは「海よりも偉大だ」)と言ったと伝えられていますが、まさに海の波のように押し寄せるBachに飲み込まれる毎日でした。それはもちろん、バッハ・イヤー本番の2000年が終わるまで続きました。

ご参考までに、バッハが責任表示に含まれるAV MARC件数(録音資料)を調べてみたところ、1999年では213件、2000年では246件でした。その前後の1998年では96件、2001年では122件ですから、どれだけ凄かったかお分かりになりますでしょうか。

そのおかげで、何があってもオドロカナイゾ、と心ひそかに待ち構えていたのですが、2006年にモーツァルト(1756~1791)生誕250年、2010年にショパン(1810~1849)生誕200年、2012年にドビュッシー(1862~1918)生誕150年、そして今年はワーグナー(1813~1883)生誕200年...と、有名作曲家の記念の年を何度も迎えたはずなのに、あのバッハ・イヤーほど大変な思いをしたことはありません。ちょっと拍子抜け。やっぱり、あの年は特別だったのかなあと、今では懐かしい思い出です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1829

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク