« 匿名希望~典拠のはなし~ | メイン | お祝い絵本リスト、ここでも公開! »

師の恩は山より高く

今日は「週刊新刊全点案内」1824号の発行日です。
掲載件数は 1217件でした。


*こんな本がありました*


祝 富士山世界文化遺産登録!
 
ということで
富士登山が盛り上がりをみせていますね。
しかし、普段から山に行き慣れていない人(私です)は、
いきなり富士山に挑む、というわけには...

そんなとき目にとまったのがこちら。


日本100低名山を歩く
(角川SSC新書186)

低い山を歩く会(監修)
角川マガジンズ(2013.7)


日本国内お薦めの低山ガイドです。
この本では「低山」は標高1499m以下の山としているようです。

植物、動物、歴史、信仰などに触れながら山に親しむ... 
高い山をめざすだけが登山ではないのですね。
ただ、低い山だからといって、気楽に考えてはいけませんよね。
もちろんこの本でも、危機管理術や装備、山でのマナーについて触れています。


「低山」といって埼玉県人の私が思い出すのは、宝登山。
(標高497m。この本にも載っています)
小学校の遠足で登った山でしたし、
当時も楽勝で登ったという記憶があるのですが、
この本を読んで、山においては常に危険はとなり合わせ、ということを
ひしひしと感じました。
引率してくださった先生方の入念な準備があったからこそ、
楽勝で登ったという思い出になっているのですね。

小学校を卒業して数十年、今にして知る「我が師の恩」です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1848

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク