« アンパンマン、やなせたかしさん~その1~ | メイン | むしくいの本と歯の本 »

アンパンマン、やなせたかしさん~その2~

はじめてまともにやなせたかしさんの作品を見たのは、大人になってからでした。通りすがりの博物館で偶然ひらかれていた「やなせたかし展」を冷やかしで覗いたのです。
カラフルなアンパンマンたちの直筆画に、「色のセンスがオシャレ!」と思い、生き生きとしたタッチがすてきだと思い、そして「やさしいライオン」と「チリンのすず」のお話に、その場で涙が...。(なんというかものすごいお話でした)元気さから、せつなさ暗さまで、懐の深さに驚きました。


そして、もうひとつ凄いと思うのが、作詞です。震災後にたくさん聴かれたという「アンパンマンのマーチ」や、「手のひらを太陽に」。問答無用で励ましてくれる、あの歌詞の力強さはどこから来るのでしょう。


先日、お医者さんの待合室で、隣り合ったおばあさんとアンパンマン談義になり、「アンパンマンは、強くて、自分の顔を食べさせるヒーローなんですよ」みたいなことを教えたら、感じいった風でこんなことを言われました。
「この間、ご近所の子どもたちがジャンケンをした時に「最初はグー、正義がいつも勝つわけじゃない! ジャンケンポン!」って言ってたのよ!今どきの子はどうしちゃったのかしら。アンパンマンみたいなのが好きだったら良いのに!」
私はひねくれているので、正義が常に勝つわけじゃない~みたいな話にも良いものはたくさんあるよな、と思うのですが、おばあさんの気持ちもよくわかりました。で、容赦なく優しいヒーローアンパンマンは良いな、それが大好きな子どもたちも良いな、と思った次第です。


先月のやなせたかしさんの訃報に接し、とても寂しく思いました。でも、先生の子ども「アンパンマン」は、もう不滅の存在ではないでしょうか。私もこれから少しずつ、やなせ先生の作品に出合って、元気をもらっていきたいと思います。


11月末には豪華作品集「やなせたかし大全」が刊行されるようです。

TRCブックポータルの、やなせたかしさんの追悼特集ページはこちらです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1929

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク