« きょうのデータ部☆(11/27) | メイン | クリスマスの飾りつけの作り方の本が見たい »

思い出の雑誌

『少年ビッグコミック』という雑誌をご存知でしょうか。

『ビッグコミック』でも『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックスピリッツ』『ビッグコミックスペリオール』でもなく、『少年ビッグコミック』。

週刊でもなく月刊でもない、月2回刊の漫画雑誌で、新谷かおるさんの「エリア88」や、大島やすいちさんの「一撃伝」、竜崎遼児さんの「ウォー・クライ」などが連載されていました。
藤子不二雄さんの「エスパー魔美」も、ときどき掲載されていたような。

当時小学生女子だった私がこの雑誌を読んでいたのは、あだち充さんの「みゆき」が読みたかったから。
私は妹の若松みゆきちゃんの方が好きでした。

「みゆき」の連載が終わると買わなくなってそれっきり、ふと気付いたときには、いつのまにか雑誌そのものがなくなっていました。

今回思いついて調べてみたところ、どうやら1987年に『ヤングサンデー』へとリニューアルされていたようです。
少年誌ではなく、青年誌になったのですね。

その『ヤングサンデー』も、『週刊ヤングサンデー』に誌名を変更後、2008年で休刊になっています。

私の周りでの知名度が、なんだかいまいちだなあと思っていたのですが、『少年ビッグコミック』の名称で刊行されたのは 1979~1987年の間という短い期間だけだったのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1942

コメント (2)

茗荷屋:

 創刊時は「マンガくん」という誌名で、このレーベル名を冠した単行本シリーズが出ていたと思います。誌名変更に伴い単行本もリニューアルしたため、藤子不二雄(当時はまだ共同ペンネームの時代)『エスパー魔美』などは同一内容ながら体裁が三度変わっているはずです。
 マンガくんコミックス版(確か7巻まで?)
    ↓
 少年ビッグコミックス版(全9巻)
    ↓
 てんとう虫コミックス版(同上)

新刊目録 山崎 :

茗荷屋さま

コメントをありがとうございます。

もともとは『マンガくん』の誌名で1976年に創刊、1979年に『少年ビッグコミック』に誌名が変わったようですね。
(この頃のことは全く記憶に無く…Wikipedia情報ですみません)

「エスパー魔美」の単行本、いくつものレーベルで刊行されているのですね。
ファンなら全種類コンプリートしたくなるかも。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク