« きょうのデータ部☆(12/18) | メイン | データ部ログダイジェスト第2弾6回目~天アンカット~ »

データ部ログダイジェスト第2弾5回目~装丁いろいろ~

こんにちは、データぶー子です。

santa30r.gif

クリスマスももう間近。
ということで、サンタ服バージョンのワタクシですっ!

さてさて、今日は装丁についてのご紹介です。

TRC MARCでは、図書の装丁に関する情報を、全21種の数字に置き換えて提供しています。

01(革装)、02(布装)、03(和装)、10(ソフトカバー)

等の一般的な装丁のほか、

16(厚紙絵本)、17(ジャケット裏に情報あり)、18(変型本)、20(しかけがある図書)

等も入力しています。
TOOLiの「装丁」の項目で検索できますので、耐久性があるか等、図書館の蔵書に向いた本かどうかを判断する手掛かりにしてくださいね。

また、本文のすべてまたは一部が袋綴じになっている図書について、装丁コードの項目に08(袋綴つき)を入力しています。
この袋綴、週刊誌などの雑誌でよく見かけるものですが、一般の書籍でも結構あったりします。

たとえばこちら。

この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!

SPIノートの会(編著)
洋泉社(2013.9)

この図書では、実際に企業で使用されたテスト情報が袋綴で収録されています。

袋綴部分にある情報も、通常のものと同じように記述します。
袋綴を破ってしまわないよう気をつけながら、ページ付けのノンブルがないか、記述すべき書誌的事項がないかをチェックします。

袋綴つきの図書は,装丁コードの項目だけでなく、内容紹介でも、それとわかるようにご紹介しています。こちらの方でもご確認くださいませ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1957

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク