« 教科書単元検索のこと~データ部ログダイジェスト児童書編4 | メイン | どうして片づけられないの? »

読み聞かせ ~1年生~

雑誌:半澤です

4月の月曜日は「1年生」というテーマでお送りいたします。

子供の通っている小学校では、読書週間にボランティアで保護者による読み聞かせがあります。
何年か前に読もうと思って準備していたのはこちらの詩集。

おめでとうのいちねんせい

糸井重里詩 日比野克彦絵 

小学館(1989.12)

25年前の発行ですが、初めて学校に行く1年生の気持ちはきっと今も同じ。
授業中にトイレに行きたくなって困ったり、習い事をやめたいのだけど親に言いだせない...なんて「あるある」が満載で、読んであげたくなりました。
持ち時間の15分では全部紹介できないので、自宅で子供に読んで聞かせ、好きな詩を選ばせて付箋紙をはり、当日に臨みました。

さて当日、私の担当のクラスが1年生だったら良かったのですが、当たったのは3年生のクラス。
そこで読み始める前にこんな説明をしました。
「みんなはもう3年生だけど、1年生だったころのことを思い出して聞いてね。そして1年生の妹や弟がいる人は、今きょうだいの気持ちはこんなかなぁと思って聞いて下さい。」
我ながらナイスフォロー、これならどの学年でもOKです。

読み終えて学校の廊下を通る時、他のクラスからはまだ読み聞かせの声が聞こえていました。
読んだ本の書名とクラスを書き込むノートが受付に置いてあり、沢山のお母さんたちが選んだ本のタイトルがびっしり。
自分の子供もだれかのお母さんに読んでもらっていると思うと、なんだか暖かな気持ちになったものでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2054

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク