« ぶー子、NDCに迫る! 第6回 | メイン | 和の食、江戸の食 »

ブーム到来...?

新刊・望月です。
今日は、先日データ部で話題になった本をご紹介。

まりこふんの古墳ブック

まりこふん(著)
山と溪谷社(2014.5)

古墳の歩き方
まりこふん(著)
扶桑社(2014.5)


"古墳"です。
どちらの本も、古墳が大好きで「古墳シンガー」「古墳にコーフン協会会長」という肩書で活動しているまりこふんさんが書いたもの。
「古墳ブック」の方は、古墳そのものについてのわかりやすい解説、「歩き方」の方は古墳の行き方や地図などを紹介した古墳めぐりのガイドブックです。

この2冊があれば、古墳好きの道の第1歩は完璧、というくらい古墳の楽しみ方がつまっています。

古墳がはやっているとは知りませんでした。古墳といえば関西地方にあるもの?というイメージでしたが、データ部メンバーも子どもの頃に行ったという東京近郊の古墳もあるとか。

「遠足で行ったけど、小学生にはありがたみがわからなかったです」というそのメンバーのことばになるほど、と思いつつページを繰っていたら、どこかの古墳の整然とした近未来的な風景に一瞬心奪われました。
ブーム、到来しちゃたんでしょうか?(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2072

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク