« ブーム到来...? | メイン | きょうのデータ部☆(5/21) »

和の食、江戸の食

本日は「週刊新刊全点案内」1865号の発行日です。
掲載件数は1079件でした。

*こんな本がありました*

昨年2013年12月に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたためでしょうか、最近和食に関する本をよく目にする気がします。


レシピや技法の本が多いですが、こういった歴史的な視点からのものも。

江戸の食文化
 和食の発展とその背景

原田信男(編)
小学館(2014.5)

食材・調味料から、その生産・流通、行事や風習まで、江戸時代の食文化を概観できる一冊。

読んでいると、現在私たちが「和食」と聞いて連想する要素が出そろったのは江戸時代だなあ、と感じます。


そして江戸時代の料理本といえば、有名なのは「豆腐百珍」。その百種の豆腐料理全品を、作って食べてみたコミックエッセイがこちら。

豆腐百珍百番勝負

花福こざる(著)
イースト・プレス
(2014.5)


木の芽田楽、飛龍頭などは今でもそのままの名称で通用しますが、骨豆腐などは名前を聞いただけではどんなものなのかさっぱり。茶とうふ・・・材料はわかっても味の想像がつきません。気になります!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2073

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク