« きょうのデータ部☆(9/17) | メイン | 昭和天皇実録~分類/件名のおはなし・53~ »

今月のお題「時代モノ」をこんな側面から

こんにちは、内容目次の山老です。

育休中からNHKの朝ドラ(連続テレビ小説)を見るようになりました。
放映時間に家にいられたし、毎日15分という短い時間が見続けるのにちょうどよかったのです。Eテレの子供番組の合間に「カーネーション」の予告を見たのがきっかけでした。今はほとんどやるヒマがないけれど、裁縫好きなので興味をひかれたのです。(「カーネーション」はデザイナー「コシノ三姉妹」のお母さん・小篠綾子さんがモデル)


すっかり見る習慣がついた頃に割とあっさり終わり、間を空けず次のドラマが始まるので、その後も見続けています。中でも「梅ちゃん先生」「ごちそうさん」「花子とアン」からは、学ぶこと多し! お話的な面白さだけを期待していたので、全く意外でした。それは、大河ドラマではあまり見かけない年代、明治・大正・昭和の歴史。教科書で勉強したテスト用の近現代ではない、市井の人たちの心情や暮らし、社会の様子...。頭の片隅にちょっとだけ残っている受験用歴史知識と相まって、ストンと入ってきました。


子どもたちの遊び方、家の手伝い、子守り
家電やガスもない家で、どんな風にご飯を作り、暮らしていたのか
政治家でも軍人でもない普通の人が、どんな風に戦争に巻き込まれていったのか
長い戦争の間にどんな風に生活や気持ちが変化していったのか
疎開、食料、住宅事情
父や夫や息子がどんな風に戦地に赴き、母や妻や娘がどんな風に送り出したのか
戦後の暮らし、物がないということ
などなどなど・・・


一番びっくりしたのは、終戦から私が生まれた年まで20数年だったこと! いや勿論、計算すればわかることなのですが、時代の移り変わりの早さに改めて驚愕したのです。私が小さい頃は、TVのチャンネルはぐるぐる回すやつ、電話は黒電話が一般的。それが今や、PC、携帯、インターネット、床暖房に食洗機。時代って10年で20年でこんなに変わるんだ~!

これから先の10年20年も、同じように移り変わっていくのでしょう。
どのように変わったとしても、子ども達、そのまた子ども達の時代が明るい世の中でありますように。


ちなみに「花子とアン」で私が好きなのは宇田川先生。
花子を「みみずの女王」と呼ぶのが面白くて。

「たんぽぽの目」

村岡/花子(文)
河出書房新社(2014.7)

この本に収録されています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2156

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク