« 今月のお題「時代モノ」をこんな側面から | メイン | 対談のゲストから本を探したい »

昭和天皇実録~分類/件名のおはなし・53~

来年の3月から順次刊行されることが決まった「昭和天皇実録」。出版社は入札で決定するとのことですが、分類はどうなるでしょうか?


NDC(日本十進分類法)には、「288 系譜.家史.皇室」という項目があります。細分して見ていくと↓

288.1 姓氏
288.2 系譜[家系図]
288.3 家史[家伝]
288.4 皇室

「288.4 皇室」の下は、さらに分けられています↓

288.41 天皇
288.44 皇族.皇族譜
288.45 皇居
288.46 陵墓
288.48 行幸啓<明治以後の>
288.49 外国の皇室・王室

ありました。「288.41 天皇」です。この288.41で検索をすると、歴代天皇についての本を、まとめて検索することができます。


「昭和天皇実録」の内容は、1万2000ページ。19冊(1冊は索引)の分冊で刊行されるようです。記者クラブ所属の国内報道機関には、その写しが既に配布されたとのことで、今ごろ各機関では、その読み込み作業に追われていることでしょうか。

11月までの期間限定で、皇居内書陵部庁舎でその写しの閲覧が可能ですが、平日は1日84人(土日祝は126人)、閲覧時間は1人50分、写真もコピーも禁止、と厳しい条件。内容が気になるところですが、普通の人は、出版を待つのが良さそうです...

「実録」と聞くと、任侠映画などを思い出してなんだか興奮してきますが、こちらは実録モノの中でも本気の実録。作成経費は約2億3000万円(人件費除く)! 一度見てみたいですが、刊行されてもそれなりのお値段になるのは間違いなさそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2155

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク