« AVってなに? (AV MARCダイジェスト 第1回) | メイン | きょうのデータ部(11/19) »

RDAを知る


きょうは「週刊新刊全点案内」1890号の発行日です。
掲載件数は1234件でした。

* こんな本がありました*

図書目録の「これから」を考える上で、とても重要な本が刊行されました。

「RDA資源の記述とアクセス」

Barbara B.Tillett(著)
樹村房(2014.10)

RDA(Resource Description and Access)は、AACR2(Anglo-American Cataloguing Rules,2nd ed.)の後継標準。
デジタル環境に適したメタデータを生み出すために、従来の図書館目録規則を超える、新たな世界記述標準として策定されました。

この本は、RDAの理解と、実際の書誌情報の記録作業に役立つ解説・自習書として、翻訳・編集されたもので、FRBR、FRAD、FRSADといった理論的裏づけの解説も含んでいます。

原書は、RDAの普及に尽力するRDA開発のための合同運営委員会・前議長のバーバラ・B・ティレット氏が、自ら世界各国を巡回して行った人気ワークショップの英語版テキストです。

これからの目録がどう変化してゆくのか、私共もドキドキです。


今週は、図書館関係で、こんな本もありました。

「図書館員のためのPR実践講座」

仁上/幸治(著)
樹村房(2014.10)

これからの図書館を考える秋ですね。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2195

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク