« きょうのデータ部(2/18) | メイン | 地名と名前の狭間で ~典拠のはなし~ »

縁の下の執事

寒い日が続きますね。典拠の木内です。
2月の木曜日のテーマは「イギリス」。

いろいろなものが頭に浮かびますが、一番に思いついたのは、メイド。そして執事です。


こちらの本を読んだ影響かもしれません。
おだまり、ローズ 子爵夫人付きメイドの回想

ロジーナ・ハリソン(著)
白水社(2014.8)

35年もの間、お付きメイドとしてレディー・アスター(ナンシー・アスター)に仕えたローズ(ロジーナ・ハリソン)の回想録です。主従として(時にはそれを越えた)強い絆で結び付き、時に丁々発止のやりとりの後、レディー・アスターから繰り出される「おだまり、ローズ」! でも、それで引き下がるローズではないのです。


そして英国執事といえば、カズオ・イシグロの「日の名残り」が有名ですね。アンソニー・ホプキンス主演で映画化もされました。


国書刊行会から発行されているP.G.ウッドハウス著「ウッドハウス・コレクション」ではユーモアにとんだ執事ジーヴスが大活躍らしい。『よしきた、ジーヴス』『それゆけ、ジーヴス』『でかした、ジーヴス!』『感謝だ、ジーヴス』などなど。タイトルを見るだけでも愉しそう!


ハヤカワ・ミステリ文庫にもC.C.ベニスン著「女王陛下のメイド探偵ジェイン」シリーズを発見しました。


おお、探してみるといろいろ出てきますね。
普段決して表舞台にはでてこない縁の下の力持ち、縁の下の執事やメイドさんたちが大活躍です。
そんなこんなで、ただいまNHKで放映されている海外ドラマ「ダウントン・アビー華麗なる英国貴族の館」に興味津々!(でももうテレビ放映では第2シーズンまでいっているのか...)


今月末にはイギリスのウィリアム王子が初来日とのこと。もちろん執事もご一緒に?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2255

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク