« きょうのデータ部☆(9/9) | メイン | 11? 12? ~典拠のはなし~ »

データ部川柳 2015~その2 読み方・典拠編~

9月の木曜日は帰って来た「データ部川柳」をお届けしています。
それでは第2回目の「読み方・典拠編」をどうぞ。


バビブベボすべてがV(ヴイ)な訳じゃなく」英語嫌い
我が辞書の「ヂ」「ヅ」「ヲ」の字が消えてゆく」街中で見て違和感

カナヨミは適当に振るわけではなく、各言語の発音や目録規則に従っています。
日常でもそんな習慣を引きずって脳内がモヤッとする瞬間が。


Da De Van Vonお国はどちらと尋ねたい」前置語ワールド
グループか個人か悩む単語名」Melon
君の名は...ルビなし名前に問いかける」しの字
姓名の区別がつかず脂汗」典拠修業中

呪文じゃありませんよ。
「Da」「De」「Van」「Von」はそれぞれ「前置語」です。
「ロバート・デ・ニーロ」の「デ」や「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」の「ヴァン」は姓なのか名なのか?というマニアックなお悩み。


この名前 字画良いのか何人も」典拠修業中
著書よりも興味ひかれる著者紹介」事実は小説よりも奇なり

毎日沢山の名前を眺めていると、傾向が見えてくることも。
クスッと笑える、はたまた壮絶な経歴が並ぶ、人生がにじみ出る著者紹介は思わず引き込まれてしまいます。


華やかに名を使い分け江戸の人」典拠修業中

幼名、雅号、筆名、隠居後の○○翁など、いくつもの名前を使い分ける江戸の人。
今どきのハンドルネームより微笑ましくて憧れます。


さらっと爽やかな気持ちになったところで、今回はここまで。
次回(最終回)の「データ部川柳」は9/17(木)にお届けします。
お楽しみに!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2397

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク