« データ部川柳 2015~その2 読み方・典拠編~ | メイン | ADEACが新しくなりました! »

11? 12? ~典拠のはなし~

TRCが作成している典拠ファイルは、「個人名」「団体名」「件名」「学習件名」「出版者」「全集」「シリーズ」の7種類ありますが、私の所属する典拠班では「個人名」と「団体名」を担当しています。

20150911ブログ用1.png


それぞれの典拠種別ごとに典拠ID先頭一ケタ目の数字が違います。典拠IDの先頭一ケタ目がから始まるものが「個人名」。から始まるものが「団体名」です。
「個人名」はさらに「東洋人」と「西洋人」に区分されます。
「東洋人」は典拠IDの先頭から二ケタ目が、「西洋人」は、のものです。
20150911ブログ用2.png


典拠ファイルでの「西洋人」と「東洋人」の区分は次のようになっています。
東洋人(典拠ID:11~) 日本・中国・朝鮮など、漢字文化圏
西洋人(典拠ID:12~) ヨーロッパ・アメリカ諸国など、非漢字文化圏

アジア圏でもインドなど漢字で名前を表記しない個人名が「西洋人」の区分となっているのはこのためです。

とはいえ、国籍がはっきりわかる著者は稀ですし、漢字名・英語名の両方がある人、帰化や日系人、活動拠点が欧米の中華系人名、逆に日本で活躍する欧米系のタレントさんなど、日々11(東洋人)か12(西洋人)かで悩むことが多いのが現実です。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク