« 天然ものに限る!~新設件名のお知らせ2015年12月分~ | メイン | ぶう太のデータ部見学記~AS編~ »

雪遊び

 今年の冬はあたたかい日が続きますね。例年の冷え込みや、昨年、一昨年の雪の日の交通機関の乱れを思うとありがたいのですが、マフラーや耳当てを出す機会もあまりなく、雪もほぼ見られないことが少しさびしくもあります。

1月木曜日のテーマは「冬のあそび」です。

 幼いころ、テレビ番組(○ンキッキ)で豪雪地帯の様子を見て憧れていた私(都内北東部在住)。
大きな雪だるま作りに、かまくらでおこたに、雪の中でアイスクリーム作り。着ぐるみのキャラクターが雪の中に大の字で転がる姿は何よりうらやましかったです。
 珍しく雪が積もったある日、意を決して、空き地の雪へ大の字でダイブしてものの、したたかに地面に全身(顔含む)打ったこともありました。
 初めてスキー場へ行った際にも、板を足に付ける前に雪の山へダイブ。今度は雪に沈み込み引っ張り上げてもらうことに。程よい雪って難しいのだなと実感。

 体育の授業が大の苦手だった学生時代を過ぎ、社会人になってからはじめた趣味の運動はなかなか楽しく、冬はもこもこのウェア(体型が目立たないのもポイント)でスノーボード、スキーに出かけるようになりました。帰りに温泉で疲れた体をほぐしたり、美味しい食事やお酒を堪能できるのも魅力。かつて夢見た雪の中でアイスクリーム作りも、ペットボトルに材料を入れて腰に下げて滑ったらできました。たくさん転んでいいシェイク具合です。
 何せ元々運動音痴なので、リフトから降りるだけで転んだり、股割のように左右の足が離れたままヨレヨレ進み、コントロール不能でコースアウトすることもままあります。上達への道は遠いですが、冬にしかできない遊び、周囲に大きな迷惑をかけないように楽しんでいます。
 今年はやっと雪が積もってきたようなので、そろそろ滑り初めに行こうと計画中。転んでも仕事道具の手だけは折らないようにします(誓い)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2470

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク