« きょうのデータ部☆(2/24) | メイン | 「コード化情報」は2度化ける~MARCや検索のはなし~ »

みぞれ鍋のてんまつ

こんにちは、新刊目録水谷です。
2月の雑記テーマは「鍋レシピ」です。

先日はじめてみぞれ鍋をしました。
ずっと作ってみたかったのですが、なぜかこれまで機会がなかったのです。
大根と豆腐のみ、白一色、シンプルな大人の食卓...。すてき。

ただ、レシピサイトを見ると味付けも具材も幅広く、あれこれ参考にして、実際に作ったのは以下のようなものでした。

具は、とうふ、油揚げ、しめじ、豚肉、ねぎ、ほうれんそう。←具だくさん。シンプルどこいった。
大根を皮ごと鬼おろしでおろします。
鍋に移し、出汁と薄口しょうゆ、酒を加えて、大根だけをしばらく煮ます。大根がやや透き通った感じになったところで具を入れ、火を通します。

...。...えーと。顆粒のだしのもとを使ったのがいけなかったんですかね。そもそも醤油か。
食べ始める前にもう、ビジュアルが「降って10分ほど経った路面のみぞれ」です。全体ぼんやりうすちゃいろ。
そして、ぶつっ、ぶつっと沸いております。大根が噴き上がっています。

大根地獄。

うん。地獄だわー。と思いながら食べてみたところ、これが予想に反して、ほろほろの大根がからんで大変おいしかったです。
心配していた大根のくさみもなし。

鬼おろしのほろほろ加減がポイントでしょうか。
あと、油揚げや肉などがちょっとは入っていた方がいいようです。

しかし、そのうち、白くうつくしいみぞれ鍋にもチャレンジしてみたいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2504

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク