« 「内容細目ファイル」「目次情報ファイル」から | メイン | LGBTについて考える »

バリアフリー映画って?? その1

 4月から障害者差別解消法が施行されましたね。ここ1.2年データを入力していても、バリアフリー対応作品などと書かれているものが、だんだん多くなってきました。ところで、このDVDでの、バリアフリーってご存知でしたか?
 
◆バリアフリー字幕ってなに? 
聴覚に障害を持つ方が、映画等を楽しめるように、セリフ部分だけでなく、使われている音に関して入れられた字幕のことです。話している人の名前や、泣く、笑うなどの感情を表す音、靴音などの人が立てる音、雨や風の音などの背景や、BGMがあることを、字幕であらわしています。

◆音声ガイドってなに?
 視力に障害を持つ方が、映画等を楽しめるように、画面に映り、セリフでは表しきれていないものを解説する音声のことです。例えば、その場面の説明や、登場人物の動作や表情などを音声であらわしています。 

◆誰にでも使えるの?
 バリアフリー字幕も、音声ガイドも大部分のものは、設定でON/OFFできます。また、この機能をそのまま使えば、一般の方にとっても聞き取れなかったこと、見ていても気づいていなかったことがわかる効果もあります。


 ただし、一部には、ON/OFFの切り替え機能がなく、映像を再生すると、字幕・音声が合わせて対応するものもあります。例えば、「5等になりたい。」(11901049)、「もも子 かえるの歌がきこえるよ。」(11901050)、
「十五少年漂流記 瞳のなかの少年」(11901051)のバリアフリー版。これは、字幕・音声もなかったオリジナル映画にDVD化の段階で特別に編集・収録されたものです。

また、バリアフリー版&(字幕なし)オリジナル版がセットとなって 販売しているDVDもあります。これには「雪渡り」(08911032、08911033)、
「猫の事務所」(08911038、08911039)などがあります。


 少しはイメージがつかめたのでしょうか?
 
 そうそう、まだ数は少ないですが、バリアフリー字幕や音声ガイドがあって、上映権付きとのDVDもあるみたいですよ。探してみてくださいね。
  
次回は検索の仕方について紹介します。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2545

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク