« 本屋さんのマーク―和漢古書の出版事項(3) | メイン | きょうのデータ部☆番外編1(6/1) »

イソギンチャクの腹痛

もう5月も終わりですね。
本日は「週刊新刊全点案内」1965号の発行日です。
掲載件数は1342件でした。

*こんな本がありました*

先生、イソギンチャクが腹痛を起こしています!」

小林朋道(著)
築地書館(2016.5)

毎回タイトルが秀逸なこのシリーズ、今回はついにイソギンチャクが腹痛を起こしました。
めでたく10冊目の刊行です。

参考までに既刊書のタイトルもちょっと見てみましょう。

先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!」
先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!」
先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!」

...シ、シマリスよ...。


自然豊かな鳥取環境大学の小林研究室。動物好きなメンバーばかりというこの研究室では、「利用規則ギリギリまでいろいろな動物が飼われている」のだそうです。
ギリギリといったってどこからがNGなのか、体長1メートルを超えるアオダイショウを飼っている人がいる(そして、それが飼育容器から逃げ出しても皆それほど騒がない)時点で、かなり肝の据わった運営であることがうかがえます。

動物に対する実験観察の模様もありますが、実験対象というよりは、なんだか仲良くなりたい相手に向けて「これは好き?」「こんなときどうする?」とたずねているようなのんびり感が漂ってきます。

ちなみに、こちらの本は「先生!シリーズ」と呼ばれており、この方が通りがよいのですが、残念ながら図書にこの表示はないので、TRC MARCでは「鳥取環境大学の森の人間動物行動学」をシリーズ名としています。
ぜひシリーズ名で検索して、10冊並べてご覧ください。
11冊目のタイトルも(もちろん中身も)楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2567

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク