« 平和を考える~新設件名のお知らせ2016年6月分~ | メイン | きょうのデータ部☆(7/6) »

和菓子とわたし

今日は「週刊新刊全点案内」1970号の発行日です。
掲載件数は1278件でした。

今月の表紙はこちら。

p20160705.jpg

*こんな本がありました*

高校時代に、一瞬だけ和菓子屋でアルバイトをしたことがありました。
お寺が多い下町で、お彼岸のときのお手伝い要員として雇われたのですが、お彼岸以外の日は1時間に一人くらいしか客が来ず、店長と二人で一日中テレビを見ているだけ。
「仕事がなくてヒマっていうのは、それはそれで苦痛なのだな...」と思ったのでした。

一幸庵」

水上力(著)
青幻舎(2016.6)

こちらの「一幸庵」さんは、茗荷谷の弊社のご近所にあるお店なのですが、特に人気のわらび餅は早い時間に売り切れてしまうそうです。
同じ和菓子屋でも、わたしがバイトしていた店とは大違い...。

この本では、七十二候という季節を表現した和菓子を写真とともに紹介しています。
「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」などといった、日本ならではの微妙な季節観が、手のひらに乗るサイズの小さな和菓子の中に見事に表現されています。

美しい...だけでなく美味しそう!
食べたいけど食べるのがもったいないというジレンマに陥りそうな和菓子ばかり。
うん、今度会社の帰りに寄ってみようかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2592

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク