« きょうのデータ部☆(11/9) | メイン | 読みがおかしい? ~典拠のはなし~ »

ちょっと冷たい視線の美女

こんにちは、データ部AV班の原田です。
11月の雑記のテーマは「芸術の秋」です。


先日、上野の国立西洋美術館へ行ってきました。
お目当ては、「クラーナハ展 500年後の誘惑」。

ルーカス・クラーナハ(父)は、ドイツのルネサンス期の画家です。
ちょっと冷たい表情のスリムな女性像が、ずいぶん前からお気に入りだったのですが、日本で作品を見る機会はほとんどありませんでした。

この展覧会で多くの作品を見て、解説を読んで、彼が宗教改革者のルターと同時代人だった上、同じ町・ヴィッテンベルクで活動していて、交際があったことがわかりました。

また仕事が速く、大きな工房を経営して絵画の大量生産を行ったり、版画製作にも積極的だったりと、複製時代を先駆けた人だったことも知りました。

彼が使えたザクセン公家の人々の肖像など、油絵でスーパーリアルに描く技術も大したもの。
長年、好きだと思っていたけど、知らないことばかり。そういう人だったのか...。

クラーナハ独特の、細くて冷たい感じの不思議な美女たち。
今までは画家の好みなのだと思っていましたが、実はその時代・その場所の好みなのかもしれないな...と感じました。

今年、こんな本も出版されています。
 「ルカス・クラーナハ 流行服を纏った聖女たちの誘惑」

伊藤/直子(文)
八坂書房(2016.8

なるほど、美女たちのドレスは当時の流行服でしたか。
やはり、彼女たちは16世紀ドイツ好みの美しさなのでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2674

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク