« NDC10版の変更点とTRC MARCの適用~第2回・0類(情報学以外)~ | メイン | きょうのデータ部☆(2/15) »

所変われば...

本日は「週刊新刊全点案内」2000号の発行日です。
掲載件数は1091件でした。


世間はバレンタインムード一色ですが、本日2017年2月14日は、週刊新刊全点案内2000号が刊行される、データ部にとって特別な日でもあります。この日を迎えることができたのも、ひとえに皆様に長年ご愛顧いただいたおかげです。データ部一同より精進してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
私自身も普段は作業の進行確認程度でしか号数を意識したことがなかったのですが、作業用ツールに「2000」の文字が並んでいるのを見ると、取り組む仕事自体は普段と変わりなかったものの、なんだか感慨深い気持ちになりました。


*こんな本がありました*

それ日本と逆!?文化のちがい習慣のちがい 第2期5 ワイワイ記念日とお祭り

須藤 健一 (監修)
学研プラス(2017.2)


奇しくもバレンタインデーと週刊新刊全点案内2000号の刊行日が重なったせっかくの機会ですので、今回の今週一冊は「記念日」という言葉をキーワードに、こんな本をピックアップしてみました。
普段は忘れてしまいがちですが、楽しいお祭りも行事も本来は何らかの記念すべき出来事の記憶を代々受け継ぎ祝ったり、過去を振り返り思いを新たにしたりするための記念日です。この本ではクリスマスや子供の日などのわかりやすいものから、意外な角度から切り込んだものまで、様々な形で世界各地のお祭り・行事を日本のものと対比させながら紹介しています。

対象年齢は小学生向けとなってはいますが、比較対象となる8カ国のうち約半数が第三世界の国々ということもあってか、実際に読んでみると大人の私でも知らないような世界各地の行事そのものについてや、その行事がどのような思想を基礎に何を目的に行われているのか等の説明がわかりやすく紹介されており、簡潔ながらも読みごたえがありました。

残念なことに昨今世界各地で文化や宗教に由来する対立も目立ちますが、そんなご時世だからこそ、日常の節目となる行事を良いきっかけとして、家族で海の向こうの文化習俗に思いをはせてみる、そんな記念日も時にはいかがでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2737

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク