« 図書記号は「レ」?「ル」? ~典拠のはなし~ | メイン | 所変われば... »

NDC10版の変更点とTRC MARCの適用~第2回・0類(情報学以外)~

NDC(日本十進分類法)10版の変更点とそれに伴うTRC MARCの適用をご紹介する企画です。
第2回は、前回取り上げた情報学007以外の部分の0類について、主な変更点とTRC MARCの適用をご紹介します。


NDC10版で細分化された分類は、主として010の「図書館.図書館情報学」です。

015では、015.9「利用対象別サービス」が新設され、さらに、015.91/.99まで年代別や特性などの対象別に細分化されています。
015.93には「児童・青少年に対するサービス.ヤングアダルトサービス」が新設されました。TRC MARCでは、児童サービスは、016.28「児童図書館」に収めていましたので、10版と9版では第3次区分が異なります。

018では、018.09「文書館.史料館」が、細分化されています。018.091/.095まで、010「図書館.図書館情報学」が011/015で、政策、建築・設備、経営、収集・保存、サービスに分かれているのに対応する細分になっています。
016/018が「各種の図書館」であるように、018.096/.098は、「各種の文書館」です。018.099には「文書館所蔵文書目録」が新設されました。TRC MARCでは、文書館収蔵文書目録は、029「蔵書目録.総合目録」の下に収めていましたので、10版と9版が異なります。


010以外では、023「出版」のところに、「*電子書籍の編集→021.49」と注参照されました。9版では、電子書籍についての注参照はなかったため、TRC MARCでは編集・製作も含め、023の下に収めていましたので、10版と9版が異なります。


次回2月17日(金)は、1類の変更点とTRC MARCの適用についてご紹介します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2736

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク