« NDC10版の変更点とTRC MARCの適用~第3回・1類~ | メイン | 全力で空想 »

NDC10版の変更点とTRC MARCの適用~第4回・2類~

NDC(日本十進分類法)10版の変更点と、それに伴うTRC MARCの適用をご紹介する企画、第4回は2類です。

2類では非常に大きな変更点があります。
それは、「211/219 日本の各地域の歴史」で時代区分が可能になったということ。

-02 原始時代
-03 古代
-04 中世
-05 近世
-06 近代

以上のような時代区分が追加されましたので、TRC MARCではこれを適用いたします。
例えば、古代の東京都を扱った本の場合、分類は東京都の歴史である213.6に、古代の時代区分03を付与した213.603となります。
沖縄県の時代区分は、他の地方とは別に独自に設定されています。

5桁目以降での変更ですので、背ラベル等に影響が出ることはあまりないかと思いますが、郷土資料など同じ地域の資料を時代ごとに分けたい場合、この時代区分を採用していただくと便利ですね。


それから、210.025の考古学の注記が変更になりました。
9版では「個々の遺跡・遺物に関するものは,日本史の特定の時代に収める」となっていましたが、10版では、「特定の地域全般に関するものおよび個々の遺跡・遺物に関するものは,211/219に収める;ただし,個々の遺跡・遺物に関するものでも一国の歴史に関係ある遺跡・遺物は,日本史の特定の時代に収める」となっています。

しかしTRC MARCでは、MARCニュースで実施したアンケートの結果や、「一国の歴史に関係ある」という基準が明確でないことなどを踏まえまして、10版で変更された注記は採用せず、9版を踏襲することにいたしました。
したがってこれまで通り、個々の遺跡・遺物については、日本史の特定の時代になりますので、ご留意いただければと思います。

次回、3類の変更点は2月27日(月)に掲載いたします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2741

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク