« きょうのデータ部☆(1/24) | メイン | 出版年月~MARCや検索のはなし~ »

ふるさとの味

今月の雑記テーマは「お餅の食べ方」でお送りしています。
今やスーパーで一年中お餅が買える時代ですが、私の中ではお餅といえばお雑煮。正月の食べものです。
帰省した実家で食べ方を聞いてみたところ、磯辺焼き、あんこ、砂糖醤油、納豆...と挙がるものの最後には「やっぱり一番はお雑煮だよね」と意見の一致をみました。

我が家のお雑煮は、角餅を焼いたしょうゆ仕立て。
巷の「お雑煮マップ」を見ても、まさに東北地方のスタンダードです。
特徴は鶏だしで具だくさんなことに加え、凍み豆腐が入っていることでしょうか。
短冊切りにした大根・にんじん・白菜・ごぼうに、ナルトとセリ、そして凍み豆腐。
鶏肉から出る出汁と野菜のうま味がしみた凍み豆腐が入らないと、うちのお雑煮にはなりません。
お餅はなくとも、この汁だけで酒のアテにもなります笑

さあ、どこの地域のものかお分かりになりますか?
イクラやブリ、なんて目立つ食材がないので難問でしょうか?
ヒント:凍み豆腐は地元・立子山(たつごやま)産を使います。

正解はこちら

地域色あふれるお雑煮は忘年会・新年会でも盛り上がるネタですよね。
聞くところによると、仙台は焼はぜ、沖縄は豚が入るそうです。
しょうゆや味噌が定番かと思いきや、善哉やあんこ入り餅、果ては"きな粉をつける"地域もあるとのことで、お雑煮の世界、おそるべし。
他のお味にも興味津々ですが、やっぱりうちのお雑煮に戻ってくる気がします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2968

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク