« ドライな事情?~新設件名のお知らせ2018年10月分~ | メイン | きょうのデータ部☆(11/7)番外編     「日販図書館選書センターのイベントへ」 »

子どもと本の出合う場所

本日は、週刊新刊全点案内2085号の発行日です。
掲載件数は1104件でした。
今月の表紙はこちら。

p20181106.jpg

イチョウの葉を2枚描きました。

国立駅南口のロータリーから続く通りにはそれは大きな銀杏の木が並んでいます。
紅葉の時期には駅からの道すがら、「これは!」と思う葉を2or3枚拾って帰って白い紙の上に並べてみたりする。
真っ黄色のただ奇麗なのよりも、少し茶色かったり、シミがあってまだらだったりするのが素敵・・・!

(Juriさん)


*こんな本がありました*

子ども文庫の100年

高橋 樹一郎(著)
みすず書房(2018.11)

幼い頃、実家の近くで知り合いのおばあさんが開く書道教室に通っていました。授業終わりに毎回もらえる飴をコロコロ舐めながら、おばあさんの自宅にあるたくさんの絵本を見せてもらうのが、楽しみで楽しみで。大好きだったあの空間も『子ども文庫』だったのだなと、この図書を見つけて懐かしい思い出がよみがえりました。

さまざままな本にふれることは、子どもがゆたかな感性を育むのに大きく力を発揮します。そのことを大人たちが昔からわかっていたからこそ、子ども文庫はあらゆる形で小さなひとたちの成長を見守ってきました。
日本における戦前・戦中・戦後の子ども文庫のありかたの変化や、児童文学者の石井桃子さんの影響によって全国に広まり、図書館へと受け継がれていった歴史など。
子どもが本と出合う機会を、懸命に模索してきた人たちの努力の一端にふれることができる一冊です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3159

コメント (2)

図書館司書見習い:

最近、図書館の児童サービスについて勉強してる身としては「子ども文庫の100年」大変興味のある一冊で、とても参考になる気がします。今度手にとってみようと思います。

僕の子どもの頃の本との出会いは小学校に定期的に来ていた自動車文庫だったなぁということを思い出します。車の中に本がたくさんあるという空間がとても楽しかった記憶があります。

新刊目録 佐久間:

図書館司書見習いさん、コメントいただきありがとうございます!
時代の流れの中で子ども文庫がどのような役割を果たしてきたのかが詳しく綴られていますので、ぜひご覧いただければ幸いです。

自動車文庫、私は大人になるまで実際目にしたことがありませんでした。子ども時代に出会えたとなると、ワクワク感もより一層大きかったと思います。この先も子どもと本が出会いに貢献できるよう、TRCも努めていきます!

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク