« ADEAC秋の公開情報 その2 | メイン | きょうのデータ部☆(11/28) »

せいかつのしゅくだいのなぞ

今日は「週刊新刊全点案内」2088号の発行日です。
掲載件数は1199件でした。


*こんな本がありました*

かぎ針で編むルナヘヴンリィの小さな花と実のブーケ

中里華奈(著)
河出書房新社(2018.11)


昨日家に帰ると小1の娘が宿題をやっていました。「ママがいないとできない宿題なの!」とくってかかってきますが、私は早急に夕飯を作りたい。が、反論しても面倒になるだけなので、ひとまず大人しく座ると、それは家事を調べるせいかつのプリントでした。

「いえのしごと」「やっているひと」「どんなことをする」「どうおもったか」を2パターン書かせるようになっています。既にひとつは書き終え、ふたつめを書こうとしていました。

驚いたのはひとつめ。いえのしごと:あみもの、やっているひと:おかあさん、どんなことをする:はやくてすごい、どうおもったか:うれしい、と書いてあります......


確かに手芸は好きで学校で使う袋物などは楽しんで作りましたが、それは必要あってこそ。編み物なんて子どもが生まれて以来やっていません。一体なんのことを言っているのか?創作?でっちあげ?

おそらく先生は「ご飯を作る」や「洗濯をする」と答えさせ、家事をやってくれる人への感謝を促そうとしてくれたのでしょう。その目的からすると非常にトンチンカンですが、字は精一杯キレイに書いているし、半分終わっているし、やさしく諭す時間も余裕もありません。それに、なんか私(うそでも)褒められてるし。

結局、そのままとしました。


上にあげた本などは、小さいお花をレース編みで編んでアクセサリーを作るらしい。小さければ時間もかからなそうだし、気軽にとっかかれるかしら、なんて思ったのですが。そうだ、最近私は小さいものがすごく見えないのだった。うーん。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3174

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク