« 年末のご挨拶 | メイン | 初笑いとともに、昔のことを思い返す »

知らない食材、と思ったら日本には平安時代からあるんだって ~新設件名のお知らせ2018年12月分~

あけましておめでとうございます。本日より、2019年のデータ部ログを再開したいと思います。本年もデータ部ログをよろしくお願いします。

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名のお知らせ」を掲載しています。新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

2018年12月は7件の件名を新設しました。そのひとつに「ういきょう」があります。

ういきょうって何?!(私の知らないものだ...。)
漢字で茴香と書くそうです。(読めやしない。)
別名はフェンネル。(まだ私は???です...。)

セリ科の多年草で、葉の部分は「魚のハーブ」と呼ばれるほど魚料理と相性がいいそうです。また、白い茎の部分は「フィノッキオ」と呼ばれ、イタリアではおなじみの野菜だそう。私には全くなじみのない食材でしたが、某有名コミュニティ料理レシピサイトには、1000を超すレシピが投稿されていました。

魚のハーブ、と聞いて私が思い浮かべたのがディル。スモークサーモンにのっていそうな、アレです。ディルとフェンネルは見た目もかなり似ているし、使われ方もほとんど一緒、だけど全くの別物だそうです。(ディルはセリ科の一年草なんですって。)

ところで、今回「ういきょう」の件名を新設するきっかけになったのは、この本。


フェンネル トウ立ちを防いで大球をとるコツ
(小さい農業で稼ぐ)

川合貴雄(著) 藤原 稔司(著)
農山漁村文化協会(2018.12)


タイトルでも「フェンネル」と言っているのに、なぜ別名の「ういきょう」が件名標目として採用されたのでしょうか。それは、根拠としている参考資料、「広辞苑(第7版)」での「ういきょう」と「フェンネル」の扱われ方に依ります。「フェンネル」の項を見てみると、その解説文は「茴香(ういきょう)に同じ。」だけ。「ういきょう」の項を見ると、そちらに詳細な説明が書いてありました。このような場合、TRCでは詳細な説明が付されている方を優勢な形、と判断して件名標目を決定しています。
件名標目とはならなかった別名の「フェンネル」は参照形として作成していますので、件名典拠ファイルを経由した検索を行えば、「フェンネル」で検索してもきちんと「ういきょう」の本にたどり着く仕組みになっています。

せっかく今回いろいろ知ったういきょう、フェンネル。いつかお店で見かけたら買って、お料理に使ってみようかな。


※尚、今年より掲載基準を変更し、これまで「新設件名のお知らせ」に掲載していなかった動物名、植物名などを掲載することになりました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3200

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク