« 知らない食材、と思ったら日本には平安時代からあるんだって ~新設件名のお知らせ2018年12月分~ | メイン | きょうのデータ部☆(1/9) »

初笑いとともに、昔のことを思い返す

本日は「週刊新刊全点案内」2093号の発行日です。
掲載件数は860件でした。
今月の表紙はこちら。
p20190108.jpg
鏡餅を1つ
それだけで、家の中はすっかりお正月らしく!気持ちも引き締まります!!
出来れば、プラスチックでなく
本物の丸餅で、
その後鏡開きで、お汁粉にして楽しみたい!
子供の頃、カッピカピに乾いた丸餅を、金槌で割った事を思い出します。
(Juriさん)

*こんな本がありました*

年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか。

お正月にはテレビで演芸の特別番組がたくさん放送されるので、お笑い好きな自分にとっては嬉しい限りです。
ただ今年は帰省でばたばたしていて、あまり見られなかったのですが......。
関西に住んでいた学生時代には、夜更かししてたくさんのお笑い番組を見、様々な芸人のネタに大いに笑ったものでした。

そういえば、あの頃テレビで見ていた芸人さんたちは、今どうしているんだろう......

一発屋芸人の不本意な日常

山田ルイ53世(文)
朝日新聞出版(2019.1)

お笑いコンビ髭男爵のツッコミであり、「一発屋芸人列伝」では本屋大賞にノミネートされた山田ルイ53世さんのエッセイ第2弾です。
全盛期にはどのチャンネルでもネタを見かけるけれど、次第に姿を見なくなり、ついには「消えた」と言われてしまう一発屋芸人。しかし彼らは「消える」わけではなく、テレビで見かけなくなったあとも存在していて、様々なことを感じ、考えているようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3201

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク