« きょうのデータ部☆(1/23) | メイン | 漫画を読む~MARCや検索のはなし~ »

たいしたもんだ。

こんにちは。内容目次班の高田です。
1月の雑記のテーマは「本の書き出し」です。
第3回目の今日は、印象的な本の書き出しということで、多くの人が知っている作品をお届けしたいと思います。

学校の国語の授業で、教科書を読ませられる、というのがありますよね。
あれは心底嫌でした。
「では読んでください、高田さん。」
なぜ私なんですか、先生~。
どうか当たりませんようにと真剣に祈っていたのに。
なぜ私なんですか、神様~。

で、案の定、噛んだ、詰まった、間違えた。
先生がおっしゃいました。
「本によっては「オッペル」と書かれているものもあるけれど、ここは教科書どおり「オツベル」と読みましょう。最初からもう一度。」
先生の妙なフォローのせいか、男子の茶化す声がして、余計に緊張して、もう何が何だかわからないままに朗読したと思います。

その教科書はとっくの昔に処分されてしまいましたが、自宅にあった古い文庫本で確認してみると...「オッペル」と書かれています!

皆さんも、TOOLiで検索してみてください。
宮沢賢治作のこの童話は、「オツベルと象」「オッペルと象」どちらも検索結果が出てきますよ。

よくよく考えてみたら、「オツベル」「オッペル」は、書き出しというだけでなく、登場人物名であり、作品名の一部でもあり...。
宮沢賢治の研究書に、そのあたりのことが書かれているかもしれませんが、何せ調査不足で申し訳ありません。
調べるのは今後の楽しみにとっておきたいと思います。

自宅の文庫本から引用させていただきます。
(引用はすべて 
銀河鉄道の夜 童話集 他十四篇 宮沢賢治著 谷川徹三編 岩波文庫 岩波書店 1966年改版 より)


オッペルと象
   ......ある牛飼いがものがたる

  第一日曜

 オッペルときたらたいしたもんだ。稲こき器械の六台も据えつけて、のんのんのんのんのんのんと、大そろしない音をたててやっている。
(引用:同書)


↑これ、今でも暗誦できました。「第二日曜」の書き出しも、やはりリズミカルに始まります。


  第二日曜

 オッペルときたらたいしたもんだ。それにこの前稲こき小屋で、うまく自分のものにした、象もじっさいたいしたもんだ。
(引用:同書)


そして「第二日曜」は次のように締めくくられます。


 じっさい象はけいざいだよ。それというのもオッペルが、頭がよくてえらいためだ。オッペルときたらたいしたもんさ。
(引用:同書)


そうして、ここから「第五日曜」まで一気に時間が過ぎていくのです...。

今なら緊張せずに普通に朗読できるのになあ。
普通どころか、牛飼いになりきって(!?)読めそうな気がします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3216

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク