« 平成振り返り~TRC・データ部むかしばなし | メイン | ADEAC春の公開情報その1 »

新天皇即位に伴うMARC等の訂正につきまして

いよいよ新元号「令和」が発表されましたね。

ちょうど桜の綺麗な季節で、
典拠(日頃ニュースで見ない身近なワードに典拠班が大いに沸きました)が日本最古の歌集である万葉集。

「日本」というイメージを、強く感じるのは私だけではないはずです。

さて、そんな晴々しい世間を横目に見つつ、典拠班は現在、週刊新刊全点案内2105号(4/2発行)でご案内した「新天皇即位に伴うMARC等の訂正」に向けて全力疾走中です。

今回は、こちらの方々の典拠ファイルの統一形が変わり、MARCにも訂正が入ります。

訂正前 訂正後
天皇 →上皇陛下
皇后 →上皇后陛下
皇太子 →天皇陛下
皇太子妃 →皇后陛下
敬宮愛子 →愛子内親王殿下
秋篠宮/文仁 →秋篠宮皇嗣殿下
秋篠宮/紀子 →秋篠宮皇嗣妃殿下

訂正後の名称に「陛下」「殿下」などが入っているのは「日本目録規則 2018 年版 #6.1.5.7 天皇・皇族の名称」に準拠したためです。

ぱっと見でも関連書籍が多そうとみて頂けるかと思いますが、その通りです。こちらの方々が責任表示、個人件名として含まれているMARCは図書だけでも400件を超えます。しかも、今まさに急増中です。

お問い合わせを頂く機会が多いので、データ部ログでも簡単にQ&Aを載せてみます。

Q.統一形を訂正するとどうなるの?

A.現在の皇后陛下美智子さまを例にすると、美智子さまについて書かれた本の4月までのMARCの個人件名は「皇后」。5月以降、美智子さまについて書かれた本は「上皇后陛下」という新しい名称が個人件名になります。5月以降のMARCでは最新の名称で検索することが可能になります。

Q.図書館でも何か対応が必要ですか?

A.4月以前にご提供したMARCの個人件名は「皇后」のままですので、5月以降美智子さまに関する図書全てを「上皇后陛下」で検索可能にするためには、図書館で蔵書データに修正を加えて頂く必要があります。

Q.何百件も手作業で修正しなければいけないの!?

A.TRC MARCや周辺ファイルには、絶え間なく様々な更新がかかっています。そうした更新をもれなく蔵書データに反映していただくために「更新データ」という仕組みがあり、図書館システムに更新データを取り込むことで、簡単に間違いなく全ての修正を蔵書データに反映していただくことができます。

訂正の詳細については、週刊新刊全点案内2105号(4/2発行)に同封の「2019年5月新天皇即位に伴うMARC等の訂正につきまして」をご覧ください。TOOLiの「お知らせ」にも同じ内容を掲載しております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3268

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク