« 2019年4月17日 | メイン | 2019年4月19日 »

2019年4月18日 アーカイブ

2019年4月18日

平成振り返り~TRC・データ部むかしばなし<3>

今月の雑記のテーマは、平成振り返り。
社歴の長いデータ部メンバーが、それぞれ平成を振り返ってみます。


入社してすぐの平成の初めころ、データ部は倉庫だったビルの4Fで、
むかしばなし<2>にもあるとおり、ほとんどが手書きの世界でした。


なんせ、本社ビル4Fにあったデータ部のフロアには検索用の端末が
2台しかなく、あとは手書き原稿からパンチして作成されたデータに
対して、1タグずつ呼び出して修正するような端末が、たしか1台しか
ありませんでした。


検索用の端末には、ブラインドタッチで操作が早い方が、ずっと検索
(ヒットチェックや、参考データの打ち出し)をされていました。


それ以外に前データを見る手段は、部屋の真ん中に壁のように鎮座
していた本棚の、A3くらいのファイルたち(選書ファイルの形式で打ち
出しを閉じたもの)のみでした。
そのころはまだ図書だけで57万件くらいだったようですが、たっぷり
重量がありました。入力や、メンテナンスなどで、前や全体の形をみ
たい時、よくこれを見に行きました。


そしてそのころ新刊班では、随時刊行される全集の時は、少しでも早く
するために原稿用紙の毎回同じ部分が既に記入されている=台帳が
あって、次の巻がくるたびに、それをコピーして原稿を作成していて
その台帳が、たしか??出版者ごとに置かれていたと...。


また典拠班では、まだ1人1人の典拠がまだカードの形のみで管理
されていました。カードは、目録カードに手書きか、原稿をコピーして
典拠の部分のみカードにはったものです。1人1人、五十音順に並べ
られたケースの中を探していたものです。そして、毎週新しい著者が
でるたびに、切り張りでカードを作って、それらはカードケースの中に、
繰りこまれていきました。

そういえば、参考図書も今以上に置かれていました。

このころからくらべると、手書き→端末→パソコンと、どんどん進化して
いき、入力作業も、典拠作業も、パソコンを使うようになって随分楽に
早くなりました。また入力件数も倍以上になり、項目もどんどん多くな
りました。


あと数年で、またどんどん変わっていくのではないでしょうか?

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク