« ふりかけ | メイン | 日本人名のひらがなと中国語 »

一代一度 ~分類/件名のおはなし・93~

令和になってそろそろ一ヶ月。
図書の方は改元熱が少し落ち着いてきたところですが
最近良く見かけるなと感じた本が「大嘗祭」の本。


大嘗祭とは、<ジャパンナレッジ日本国語大辞典>によると
天皇が即位の後、初めて行なう新嘗(にいなめ)の祭。その年に新たに収穫された穀物を、天皇みずから、祖神天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめ天地のよろずの神々にさし上げる一代一度の大礼。祭に用いられる新穀は、あらかじめ卜定(ぼくじょう)された悠紀(ゆき)、主基(すき)の国から奉られ、祭の日の夜、天皇は新しく造られた大嘗宮の悠紀殿ついで主基殿で、これを神に供え、みずからも喫する。(以下略)

今日現在で今年は7件、昨年の4件をすでに上回っています。
令和の熱、すごいです。

大嘗祭のNDC分類は210.091に収めます。
NDC本表を見てみると
210.09  有職故実.儀式典例
210.091   譲位.践祚.即位.大嘗祭
分類項目名にあがっているのでわかりやすいと思います。


先日卜定で悠紀→栃木県、主基→京都府に
決まったニュースが流れていました。
その中で亀の映像やワシントン条約といった文言が
聞こえてくるではありませんか...
次のトピックに移ったのかと思ったら
卜定で使われる亀の甲羅がワシントン条約など
保護の対象になっていて手配が大変だったという内容でした。
伝統を守るためには、環境も守らないといけないのですね。

ふと、今上陛下の著書を1冊思いだしました。
水運史から世界の水へ

徳仁親王(著)
NHK出版(2019.4)

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク