« 痩せ方いろいろ~分類件名のおはなし・98~ | メイン | 線路はつづく! »

ADEAC 2019年秋の公開情報その1

みなさま、こんにちは!AS 入江です。

図書館総合展が終わり、年末が近づき、ASの職場もにわかに忙しくなってきました。今回と来週月曜の2回にかけて、9~10月に更新・公開された機関をご紹介します。今回は新規館をメインに9月公開の3つの機関をお届けします。

『飯塚市/飯塚市デジタルミュージアム』(9月27日公開)
福岡県の飯塚市の様々な地域史料がご覧いただけるようになりました。
弥生時代の遺跡からの出土品や、炭鉱の町として知られた当時の暮らしぶりを思わせる炭鉱関係資料、戦時を生き抜いた飯塚市出身の惣門秀男によるマンガの挿絵入り回顧録など、古代から現代にいたるまでの飯塚の歴史を感じさせる史料がご覧いただけます。

令和2年(2020)3月末には市内に約600か所ある遺跡を地図上でご覧いただける「遺跡情報システム」も公開予定です。

『益田市・益田市教育委員会/益田市デジタルアーカイブ』(9月30日公開)
島根県益田市からも、多様な資料が公開されました。
益田市のことを幅広く学べる『益田ふるさと物語』はテキスト検索にも対応しています。
市の名前の由来にもなった益田家の第15代当主 益田兼堯の肖像画も見どころです。こちらは、水墨画で有名なあの雪舟の肖像画の最高傑作と言われているそうです。
ほかにも、益田家が毛利元就に振るまった料理を古文書の記録をもとに再現した"益田「中世の食」再現プロジェクト"を紹介する漫画『益田家の膳』など、興味深い資料が目白押しです!

『日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム』(9月1日本公開)
前回の記事でもご紹介した日本ラグビー デジタルミュージアムがラグビーワールドカップに向けてパワーアップして正式オープンしました!
非常に盛り上がったこの大会、選手の活躍を見てラグビーに興味を持たれた方も多いと思います。もっと日本のラグビーの歴史について知りたい、そんなご要望にお応えできるアーカイブです。

7月のプレ公開時から試合記録もヴィジュアル資料も大幅に増量し、2018年度分までのテストマッチ(日本代表の国際試合)やトップリーグ、大学選手権などの名試合を観戦記・対戦記録・写真・新聞記事・その他もろもろの多様な資料を組み合わせてご覧いただけます。
そのほか、ワールドカップ特集コーナーや、一部データのスペイン語・フランス語版など、新規追加されたページもたくさんあります。
今後、ワールドカップでの日本代表の活躍を含む更新を予定しています。

次週11/25(月)には主に10月に公開された機関をご紹介します。
どうぞお楽しみに!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3414

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク