« きょうのデータ部☆(1/22) | メイン | NDC10版のご採用、増えています »

読みかけの本がいっぱい

今月の雑記のテーマは、「今年こそ読みたい本」。

我が家には、購入したもののまだ読めていない本、いわゆる「積読」がたくさん眠っています。
面白そうなエッセイ、学び直したくて買った数学入門、真面目な図書館学のブックレット、一度は読みたい古典などなど......。


本屋で目にした段階では、「これは面白そう! ぜひ読まねば」と思って買うのですが。
帰宅後改めて読んでみると歯ごたえのある本が多く、「また今度、じっくり読める機会に」と読みかけのまま積んでしまいがち。

どうやら本屋さんにいるときの私は、自宅の私より意識が高いようです。

買った本だとずっと手元に置ける安心感もあり、そのまま本棚にしまって1年以上ということも。
その点、図書館で借りた本は返却期限が良いプレッシャーになり、かえって読み切れる確率が高いように思います。

今年こそ、我が家の積読たちを長年の眠りから救い出さなくては......

特に救い出したいのがこちら。

ホモ・ルーデンス

ホイジンガ (著),高橋英夫 (訳)
中央公論新社(2019.1)

昨年知人から「あなたはこういう本が好きそうだから」と貰った本なので、今年こそは読破したいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3457

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク