« 読みかけの本がいっぱい | メイン | データ部ご紹介~~~ぶう太のデータ部見学記・AV編 »

NDC10版のご採用、増えています

2017年の4月からTRC MARCで提供開始したNDC10版ですが、まもなく4年目を迎え、採用される図書館がどんどん増えてきています!
NDC10版になるとどこがどう変わるのか、変更点についてはこのブログでも記事にしていますが、主なものをかいつまんでご紹介します。


■ 時代にあわせた新主題が288項目追加されている
■ 情報学関連(コンピュータ関連)の本で、5類→0類(007)となるものが増える
■ その他の超常現象(147.9)が新設され、別法として未確認飛行物体(UFO)はここに収めることに
    ※TRC MARCでは別法を採用
■ 日本の各地域の歴史を時代で細分化
■ 電気鉄道(546)が削除となり、鉄道工学(516)または運輸工学(536)へ
■ 点字と手話の分類が観点によって3つに分けられることに
         言語としての点字・手話→801.91,801.92
         福祉の観点からの点字・手話→369.275,369.276
         教育における点字・手話→378.18,378.28


いかがでしょうか?
TRC MARCでは、2017年以降作成のMARCだけでなく、累積MARC全件に対してもNDC10版を付与するメンテナンスを行いました。2017年以前のMARC(図書館で所蔵されている資料のMARC)にNDC10版を追加するためのデータもご用意しています。
まだNDC10版を採用していないけれど...という図書館の方。ぜひ採用をご検討ください!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3458

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク