« ADEAC春の公開情報その2 | メイン | きょうのデータ部☆(4/1) »

真の著者は何のために偽るのか

本日は「週刊新刊全点案内」2154号の発行日です。
掲載件数は1652件でした。


*こんな本がありました*

偽書が揺るがせた日本史

原田 実 (著)
山川出版社(2020.3)


著者や成立年代について、事実と異なる由来を主張する書物「偽書」。

なぜ偽書は横行し続けるのか?
真の著者は偽書によって何を隠し、何を偽らなければならなかったのか?


偽書が広まった時代の日本人の思考や欲求、陰謀論との関係、歴史資料としての扱い方......
偽史・偽書の専門家である著者が、古代以降の偽書について30のテーマで考察します。


フェイクニュースが社会問題化し、新型コロナに関してもSNSでのなりすましが相次ぐ現代。
あふれるほどのニュースや最新情報からはいったん距離を置いて、通時的な目線から古代以来の「偽書」について考えてみるのもよいかもしれません。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク