« ノベライズ本を探したい ~MARCの話~ | メイン | 絵本で世界一周 »

気づけば身近に?~新設件名のお知らせ2020年7月分~

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名のお知らせ」を掲載しています。新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

2020年7月は6件の件名を新設しました。そのうちの1つが「MaaS」です。

Mobility as a Serviceの略で、「サービスとしてのモビリティー」「モビリティーのサービス化」という意味だそうです。

この言葉が使われた本を初めてみたときには、まずどう読むのかがわからず、文中にルビがないか目をこらし、「あった!マースか!」となった記憶が。
どこに分類するかも、「事例をみると自動車交通? でも概念としてはモビリティー(移動手段)全般に対するもののようだし、交通一般のほうがいいのかな?」と迷ったおぼえがあります。

残念ながら私自身はカーシェアリング未経験、ライドシェアや配車のアプリやサービスもいまだに利用したことがなく、MaaSには本の中でしか出会っておりません。
でも、さまざまな新しいサービスが考えられているようですし、MaaSに該当するものと気づかないまま利用していた、ということもあるかもしれませんね。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク