« データ部新人紹介 | メイン | 人名典拠ファイルの検索テクニック~典拠のはなし~ »

幻のそうめん

ようやく梅雨が明けたとおもったら、猛暑です。
8月の雑記は、データ部員の麺トークをお届けします。

暑い夏の休日、お昼ご飯といえば、やっぱりひんやり美味しい麺類です。中でも最近の我が家で食卓に上がる頻度が高いのは「そうめん」。

火を使う時間も、調理時間さえも短くしたい!! というわがままな要求にも応えてくれます。
さらに更に...マメに料理をされる方には信じられないかもしれない話ですが、同じお湯でオクラや、ナス、カボチャなどの夏野菜を茹でたり、蒸したりすると、おかずも一品できあがってしまうという、ズボラさんのためにあるような食べ物です。。

実はこの同時調理のアイディア、ある女流文学者のエッセイから頂戴したもの。

ある暑い夏の日、井戸端に野菜を洗いにいくと、威勢のいいおかみさんがやってきて、バテている様子の著者に「暑いときはなんでもいっぺんに済ませたらいい」といって、鍋ひとつで、おかずとそうめんを同時に作るコツを語る...

という展開です。

さて、その著者である女流文学者。

私は長いこと幸田文だと思い込んでいて、この記事を書くにあたって内容細目ファイルを検索。「幸田文台所帖」に収録のその名も「そうめん」という随筆を読んでみたのですが、まるで違う。

幸田文台所帖」

幸田文(著)
平凡社(2009.3)

(これはこれで再読でも、とても面白かったのですが...。)

どうして、こんな手荒な、幸田文がやりそうもない料理を、そうだと思い込んでいたものか。どうも他の幸田文のエッセイでもないような気がしてきました。

私の願望が井戸端のおかみさんの姿をかりて現れたのかしら...。

そんなエッセイか、小説の一部を読んだことがあるよ、という方がいらしたら、ぜひともご教示ください。

夏の盛りは思いがけなく疲れるものです。
どうぞお身体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク