« 図書館へまいります ~典拠のはなし~ | メイン | わたしのなかの... »

いつもと違うミッション-『週刊読書人』書評

『週刊読書人』は、本のプロ、読書通の方が手にする書評新聞、書評専門紙です。

その『週刊読書人』に図書館流通センターが広告を出しています。
ただの広告ページではなく、良書をおすすめする場にしたいと、
「図書館発!こんな本が面白い」と題して、書評を提供しております。

202009110833000.jpg

隔週で8本前後の書評を掲載。TRC各部署の社員や図書館スタッフが、それぞれ推したい本について書いています。

今年2月から始まって、データ部では、すでに18人が執筆、掲載にいたりました。

『週刊読書人』に載るとなれば、きちんとした説得力があり、かつ面白いと感じてもらえるものを書きたい。
気負わずに...と思うものの、やっぱり気合がはいります。

「夏休みの宿題のようだー」といいながら本を選び、じっくり時間をかけて読み、この本の良さをどう伝えたらいいのかと考えながら、文章を組み立てる。
時間もかかるし大変ではあるものの、書き上げたときの達成感、紙面に載った喜びは、いつもの仕事にはない鮮烈さでした。

書かれたものを読んで、あの人にこんな関心があるのか、なんと生き生きと書いていることか、と仲間の知られざる一面に驚くこともしばしばです。

データ部の仕事はルール重視のかっちりキチンとしたものです。
メンバーは、コンディションを保って、たんたんと仕事をしています。
それはもちろん大事なのですが、書評執筆がみんなの眠れる能力を起こす、一陣の風になりそうだと思っています。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク