« まもなく開催!図書館総合展 | メイン | きょうのデータ部☆(10/28) »

没後半世紀

本日は「週刊新刊全点案内」2182号の発行日です。
掲載件数は1038件でした。

*こんな本がありました*

今年は三島由紀夫の没後50年にあたります。「楯の会」も含め関連書籍は今週号にも数件掲載されており、しばらくプチ?ブームが続きそうです。
当時社会に大きな衝撃を与えた事件は今もなお語られるべきことが多く、時を経て改めてその意味を問う著作もある中、こんな本がありました。

彼女たちの三島由紀夫」

中央公論新社(編)
中央公論新社(2020.10)

女性誌に掲載された作品や対談・インタビュー記事、また身近な女性による回想に加え、現代のエッセイストや女優が語る「三島由紀夫」を収録しています。
「剛」に対して「柔」、というとちょっと単純すぎますが、作家のまた違う面を知ることができそうな一冊です。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク