« 和漢古書あれこれ ― 女子用往来 | メイン | きょうのデータ部☆(12/16) »

はじめて買ったCDは?

12/15は週刊新刊全点案内2189号の発行日です。
掲載件数は1378件でした。

*こんな本がありました*

なんでも「はじめて」大全

スチュワート・ロス(著)
東洋経済新報社(2020.12)


ウェブサイトなどでIDとパスワードを設定する際、パスワードを忘れてしまったときの本人確認用に用意されている「秘密の質問」。いつでも思い出せ、表記違いがないもの...と思って私はいつも「親の旧姓は?」を選んでしまいます。
いくつかある選択肢の中で、よく見かけて気になるのが「はじめて買ったCDは?」というもの。
人生でたくさんある「はじめて」の中で、特にこの質問だけが「秘密の質問」によく採用されているのは面白いなあと思います。
「はじめて買った本は?」でも良いはずなのに......CDのほうが「はじめて」「自分で」買ったことを覚えていることが多いのでしょうか?
とはいえ、サブスクリプションが普及した今の時代、この質問は成り立たなくなってしまいそうです。

今週の新刊案内には、人類文明の様々な「はじめて」を網羅した1冊が掲載されています。
「人類はじめての電話」や「人類はじめての飛行機」ならなんとなく知っていますが、「人類はじめてのボタン」「人類はじめての靴」「人類はじめての窓」あたりは想像もつきません。考えたこともありませんでした。

最近の発明だと思っていたもののルーツが実は古代文明にあったりなど、予想外の「はじめて」を楽しめる1冊のようです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク