« きょうのデータ部☆(2/24) | メイン | 入園・入学準備、お済みですか?~MARCや検索のはなし~ »

神男女狂鬼

典拠・望月です。
2月の雑記のテーマは「鬼」。
毎年当日になって豆まき用の豆を用意しようとして、「売り切れ...」とがっくりしていたわたしですが、今年は"いつもより1日早い節分"が話題になっていたおかげで、はやめに豆を確保することができました。ちゃんと厄払いできたかしらん。

さてタイトル。「神男女狂鬼」とは何かといいますと、日本の伝統芸能のひとつである「能」に関連することばです。
1回の能の公演の上演形態は、現在では「能2番あいまに狂言1番」とか「狂言1番のあとに能1番」とかいった構成が一般的です。上演時間2~3時間といったところでしょうか。
しかし、江戸時代は能を1日に5番(あいまに狂言)上演していたそうで、その順番をあらわすのが「神男女狂鬼」なのです。

神(初番目物):神仏が主役。おめでたい。
男(二番目物):武将が主役。きほん負け戦だが勝つものもある。
女(三番目物):女性が主役。たおやか。
狂(四番目物):いろいろ。物狂いのものと、ほかの4つに分けられないものがここ。別名:雑能
鬼(五番目物):鬼をはじめ、人間でないものが主役。派手。

ざっくりかつ独断で解説してみました。
「鬼」は長い上演のラスト演目。妖怪があばれたり、怨霊が襲ってきたり、鬼を退治をしたり、アクション成分多めです。集中力も切れてくるころだから派手なのか、派手だからラストに演じられるようになったのか。「紅葉狩」のように、前シテは美しい女人、後シテは女人に化けていた鬼、みたいに見た目がガラッと変わる楽しさもあったり。能を初めて観るなら「鬼」、なんておすすめもできそうです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク