« きょうのデータ部☆(3/24) | メイン | 和漢古書あれこれ ― 節用集 »

電車の中で、大切な人にであえるかも

今月の雑記、テーマは「恋愛ものの本」です。

小説は読むけど、「恋愛もの」と思って読んだものはあまり
なかったのでこのお題をきいて、何か読んだっけ??と思い、
ネットで恋愛小説ランキングというものを検索してると、
有川浩さんの「阪急電車」が載っていました。


良かった! これなら書ける。


阪急電車
有川浩著 (幻冬舎文庫)


阪急電車のうち宝塚駅から西宮北口駅まで走る今津線を舞台
にした小説で、1駅について1話ずつ、往路と復路で16話
ある短編集であり、どの短編の主人公も、他の短編の主人公と
関わって、良い影響を与えあっていきます。

映画になったので、知っている人も多いかも。
改めて読んだら、あれ?、最後の胸のすく場面は、やはり映画
の方が数倍誇張されていたような...。


往路 宝塚駅→西宮北口駅

1話目は、勤め人になって5年目の征志が、社会人図書館でよく
新刊の争奪戦をしている女性と、阪急電車の中で会い、ふとし
たきっかけで付き合いだす。

2話目は、結婚式準備中に、婚約者を同僚に盗られた女性=翔子
が、元婚約者の結婚式に白いドレスで「討ち入り」をした話。
帰りの阪急電車の中で、女の子に、「花嫁さん」と言われて、
涙をこらえきれなくなるまで。

3話目では、その女の子をつれたおばあさん=時江が、
「花嫁さん」の事情を察して、話を聞き、「おせっかい」と
して提案をする。

その後、時江は交際相手にDVを受けている女性にも一言、
その女性は、その後電車の中で、女子高生が友達と交際相手の
話しているのを聞いて、ある決心をする。
もう1カップルの話もはさんで、西宮北口駅へ。


復路 西宮北口駅→宝塚駅

6か月後の設定らしい。今度は西宮北口駅から宝塚駅へ向かう
途中に、それぞれの人たちのその後が語られ、再スタートを切
ることができた人は今度は自分が「おせっかい」をやき...。
また、ほのぼの組にも進展が...。


様々な関係、様々な時代(回想も含む)の恋愛があり、みんなが、
(主人公は)元気になるお語でした。恋愛にかかわらず、電車の
中は、いろんな出会い、気づきの場所になるかも。
まあ、朝の通勤電車はこの限りではないと思いますが。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク