« 電車の中で、大切な人にであえるかも | メイン | あの賞を獲った本 ~TOOLiで探そうQ&A~ »

和漢古書あれこれ ― 節用集

こんにちは。AS 伊藤です。主に和漢古書を担当しています。

前回は漢籍の類書について見ましたが、NDCで032.1だけでなく031.1も「類書」となっている通り、和書でも類書はあります。『日本古典籍総合目録データベース』で「分類」を「類書」で検索すると、65点ほどヒットしますが、「事典」とか「辞書」とかされるものと明確な線引きはしがたいところもあります。
たとえば上記データベースで「事典」としているなかでポピュラーなものとして、中村惕斎(なかむら・てきさい)編の『訓蒙圖彙(きんもうずい)』20巻および寺島良安(てらしま・りょうあん)編『和漢三才圖會(わかんさんさいずえ)』105巻という絵入り百科事典がありますが、後者のモデルとなった『三才圖會』という漢籍は「子部・類書類」に分類される本です。

また、これらと近い性格のもので、「節用集」というジャンルもあります。これはもともと、『下學集(かがくしゅう)』という中世の用語集をもとに作られたイロハ分けの辞書ですが、江戸時代に入ると、巻首や頭書にたくさんの付録がつけられるようになり、そうした構成の通俗用の百科全書を指して「節用集」というようになりました。代表的なものに『合類大節用集』『永代節用無尽蔵』『都会節用百家通』『江戸大節用海内蔵』といったタイトルのものがあります。
形状としては大本1冊で二~三百丁になるぶあついものが多いですが、以前触れた「飛び丁」もしばしば見られます。標準的なスタイルでは、先頭に日本地図や世界地図、絵入の百人一首や三十六歌仙、小笠原流の礼式書や茶道・華道の作法書等々を載せ、武鑑の一部をそっくり収録している場合もあります。
全体の5/1から4/1ほど進んだところに本文の巻頭があり、タイトルはそこから採用します。本文はイロハ分けした後さらに部門分けした辞書になっており、手習い用に行書主体で左側に楷書を添えた「真草二行」のスタイルのものが多いです。上層には年代記や系図、寺社一覧や案内記、往来物などを付載しています。末尾には名乗り字一覧や占い関係の記事などがあることが多く、時に「朝鮮国の文字」といってハングルを紹介していたりなどしています。
「節用集」はこういった具合に、とにかく教養百般を1冊にまとめたものを言うようになり、その意味で往来物とも重なってきます(先日紹介した「往来物倶楽部」にも多数収録されています)。いっぽうで江戸後期には、逆に付録類を取り去った『早引節用集』といったポケット版辞書も盛んに刊行されています。

似たようなものとして、「重宝記(調法記)」というものもあります。これは礼儀作法・家事・家庭医学など日常生活の必要知識をまとめたハンディーな通俗啓蒙書で、こちらもやはり往来物とも重なってきます(実用書一般の総称として使われることもあります)。いずれにしろ、こういった「一家に一冊!」とか「~~便利帳」とかいった具合のものは、やはりどの時代でも高いニーズがあったわけですね。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク