« 訳者から探す~MARCや検索のはなし~ | メイン | MARCってどうやって作られるの?~ほんくん動画でご説明!~ »

竜が玉を睨んでいる

今月の雑記のテーマは「ボードゲーム」です。


「竜が玉を睨んでいる」
そんな言葉に胸がときめいてしまう将棋入門者です。
※「竜が玉を睨んでいる」とは、相手の駒などの妨げがあるものの、竜が王手になる位置にあること(たぶん!)


きっかけは今年初め。
テレビで中継されていた将棋の対局。画面いっぱいに将棋盤が映し出され、画面の上下からニョキニョキと手が出てきては駒を動かす。不思議な画角を見つめていてふと思ったのです、「そうだ、今こそ将棋覚えよう」。
ひとりでもできるし、世代を超えてたのしめる、オンラインでも遊べる。


まずは、大人向けの将棋入門書を購入。
今までは完全スルーでしたが、書店の棚にぞろっと並んでいてビックリ。どれを買おうか迷いました。若手棋士の方々の戦術本も多数あり、それぞれのこだわりや戦法が早いうちから確立されているのだな、と感服ひとしきり。

次に、将棋アプリをスマホにインストール。
入門からハイレベルまで楽しむことができそうなものです。キャラクターのひよこ相手に、自身のレベルに合わせた対局ができます。対戦していると、ひよこが状況に応じて「互角ピヨ」「まだまだこれからピヨ」「もうだめピヨ...」などとコメントしてきます。対局中の形成評価も見ることができます。これもしかしてAI?なんだか将棋界、すごいことになっているな、とアワアワ...


駒の動きはそれぞれ個性があり魅力的、かつ敵陣へ入ったら駒の動きが変化する。
基本ルールを覚えるのにも四苦八苦。
難しい。勝てない。悔しい。でも、たのしい。


アンテナを張っていると、いろいろ情報が集まってきますね。
将棋ファンがとても多いことを知りました。今までのイメージは子どもやおじさんが指しているイメージでしたが、老若男女ファンがたくさんいるみたい。
観戦が主な「観る将(みるしょう)=観る将棋)」、将棋を指す専門の「指す将(さすしょう)」、なんて言葉も知りました。


プロ棋士の対局内容にはついていけないですが、今まさに進行中の名人戦七番勝負(渡辺明名人×斎藤慎太郎八段)をチラッと拝見して、独特の緊張感に背筋が伸びる思いでした。
これが封じ手!おやつタイム!
わからないながらも、「負けました」の一言に、見ているこちら側も打ちのめされました。

まだまだ下手くそですが、コロナ禍が終息したらどこかで誰かと指してみたいです。青空将棋なんかもいいですね。


~おまけ~
こちらは入門者でも見てたのしいフォトブックでした。
対局室に設置されたリモートカメラによる両者の表情はもちろん、全国各地の対局会場となるお寺や有名な宿、食事や午前午後のおやつ、棋譜も収録されています。

第33期竜王戦七番勝負 フォトドキュメント」


読売新聞東京本社(2021.3)

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク