« きょうのデータ部☆(5/12) | メイン | 統一形を決める~典拠のはなし~ »

気合いを入れて手を抜く!


2021年5月の雑記のテーマは「ボードゲーム」でお送りします。

以前は友人たちとボードゲームカフェでまる一日遊ぶことも多かったのですが、ここ2年はすっかりその機会もなくなってしまいました。

肩を寄せ合い、わいわい話しながらゲームに熱中できるのがボードゲームの醍醐味ですが、コロナ禍ではその魅力が裏目に出てしまいますね......。


最近では土日の朝に、テレビで放送される囲碁・将棋の対局番組を眺めています。

囲碁は全く知らず、将棋はルールがわかる程度の理解度ですが、解説が充実しているので退屈しません。
いつも「こんな手があったのか!」「あの一手にはそんな狙いが!」と感心しきりです。


さらに、囲碁の解説には独特な言い回しが頻出し、聞いていて大変おもしろいです。

「あ~、この石はいま死んだふりをしていますね~」
「先手、ここは気合いを入れて手を抜きました」などなど。


「死んだ石」も「手を抜く」もれっきとした囲碁用語なのですが、詳しくない私はどうしても、
天敵に遭遇して死んだふりをする碁石や「きょうは手抜きするぞー!」と気合いを入れる人を想像してしまいます。
どちらもかわいい。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク