« きょうのデータ部☆(5/19) | メイン | 身近にして歴史も古く~分類・件名のおはなし・111~ »

スワヒリ語では「脳」を意味するらしい

今月の雑記のテーマは「ボードゲーム」です。

我が家には小学生男子がおります。

休日といえば家族であちこちに遊びに行っていたのですが、このコロナ禍で家からあまり出られない日々。

「ひまー」「つまんないー」
「本でも読みなさい。宿題は終わったの?」

遊び相手になってやりたいのはやまやまですが、流行りのキャラクターもののカードゲームなどはルールが複雑で(親が覚えられない)デッキを組んで始めるので時間もかかります。片手間で付き合うにはなかなか荷が重いのです。だからといって、将棋やオセロは小学生では大人の相手になりません。

そこをなんとか家族みんなで楽しめるものをということで、ちょくちょく買い足して、ボードゲームやパズルが大分増えました。その中でも、2人から遊べて、短時間でもさくっと切り上げられて重宝しているのがこちらです。

「ウボンゴ」

1枚のカードにいろいろな形をした6種類の枠のセットがあり、その枠を指定されたブロックの組み合わせで埋めていきます。埋まったら「ウボンゴ」と宣言します。6種類すべてを制覇するとクリア。クリアしたら「ウボンゴ」と宣言します。

言葉にすると簡単ですが、これがなかなか難しいのです。

試しに並べたらあっさり埋まることもあれば、こっちを置いてみて、あっちをひっくり返し、またこっちの向きを変えて。何度やってもどうにも埋まらないこともあります。

しかも「どれどれ?」なんて他の人がやると一発で埋まったりするのも悔しい。

なかなか埋まらないと「この枠は絶対無理。作った人の検証ミスだ!」などと言い始める始末。

ようやく埋まって「ウボンゴ」と叫ぶ時の達成感。

一時は毎晩やって、さすがにブームは過ぎたものの、散歩にも行きづらい雨の日など、思い出したようにウボンゴ選手権やブロックス(陣取りゲームですが、これもなかなか白熱します)が始まります。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク