« 4月の特集☆新入生に贈りたい本 その2 | メイン | きょうのデータ部☆(4/13) »

わたしたちは迷う

本日は「週刊新刊全点案内」2254号の発行日です。
掲載件数は 1221 件でした。

*こんな本がありました*

「失われゆく我々の内なる地図 空間認知の隠れた役割」

マイケル・ボンド(著)
白揚社(2022.4)


我々が遥か昔から持ち続けてきた「ナビゲーション能力」=空間把握により目的地までの道を探す力をテーマにした書籍です。
この能力は近年テクノロジーの発達により利用される機会が減少し、衰えつつあるとのこと。

知らない街では100mごとにスマートフォンの地図アプリを確認し、ともすればショッピングモールの中でさえ迷う方向音痴の自分にとっては耳が痛いお話。
北極星を探すのも地図を読むのも下手な私はテクノロジーの発達に救われていますが、裏を返せば甘やかされ、自分で道を探す機会を失っているのかもしれません。


本書では子どもにおける発達や脳の仕組み、空間と記憶の関係、道を見つける戦略、なぜ人々が道に迷うのか、認知症、GPSの影響......等々、人間の空間認知能力が様々な側面から描写されています。
例えば認知症の見当識障害(自分が今いる場所や、現在の季節や時間などがわからなくなること)はナビゲーション能力の損傷と深い関係があるそう。

ナビゲーション能力は他にも様々な心の働きと関わっているようで、興味深いです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク